Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓もし良かったらクリックしてください↓

ちょっと昔のこと

昨日のブログの最後のほうに書いた彼女と会った時のことをこれから数日かけて、書いていきます。

彼女との出会いはMarine Biologyのクラスだった。このクラスはレクチャーとLabのクラスが一緒のクラスだった。最初のレクチャーが終わり、昼食を取った。そしてLabのクラスが始まるまで外で待っていたとき、なんか視線を感じるなぁと思ってそっちの方を見ていると、彼女がこっちを見ていた。

正直、自分的には 何で見てんの?知ってる人? と思ったんだけど心当たりは全くなし。

それにものすごく怖かった

でもよく見てみるとそこには彼女の友達ともう一人、英語のクラスで前セメ一緒だった子(Aさん)が一緒にいた。

Aさんは時々話しかけてきてくれたり、ルーズリーフが無かったときにルーズリーフをAさんからもらったりしたんだけど、女の人に話しかけたりするのが苦手な自分は、自分から話しかけたりすることができず、あまり仲良くなれなかった。

それにその英語のクラスでエッセイに、ちょっと自分の暗い過去のことを書いたので、もしかしたらAさんがそれを読んでいたのかもしれない。

だから自分は自分のそういうことをAさんが彼女たちに話したから、彼女は自分のほうを見ているのではないか、と思った。まあ、そういうことならもしかしたら話しかけてくるかもしれないと思った。

Labのクラスのドアが開いたので皆入ることに、一番最後に入ったらその彼女達のいる所しか空いてなかったので座ることに。話しかけてくるかなと思ったけど、何もなかった。

その後プリントが先生から配られてきて、彼女の友達に手渡されたので Thank You. って言ってみたんだけど何も返事してくれない。もう一枚回ってきたので、もう一回言ってみても何もなく。

なんか嫌われてる予感

かなり動揺、そしてかなり悲しかった。

その後グループになって問題を解くことに、でもグループワークが苦手な自分は一人でやることに決意…なんか問題の言っていることがわけ分からず、先生に聞くことに。そして席を立とうとしたとき、彼女の友達が何か言って笑い出した。正直自分のことを馬鹿にされてるような気がして、ムカついた(彼女の友達がなぜ笑ったのか、何を言ったのかは不明)

そう思い始めると彼女達が笑い出しただけで、自分のことを馬鹿にしてると思い込むようになり

最終的には 

こんな奴らと絶対仲良くならない、こいつらは敵だ!

と思うようになりました。

これがキッカケで彼女達と仲良くなることができなくなった。そしてその次の授業、彼女があんな事言うとはこのとき思いもしなかった。 

続く

スポンサーサイト


↓もし良かったらクリックしてください↓

この記事に対するコメント

こんにちは

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でブログが紹介されていたので、見に来ました。またきま~す。ではでは(^^)ノシ

【2006/02/10 11:22】URL | BATT #-[ 編集]

コメントありがとうございます。

初めまして。コメントどうもありがとうございます。一応毎日更新しているので、いつでも来て下さいね。大歓迎です。

【2006/02/10 19:17】URL | ニキスケ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nikisuke.blog46.fc2.com/tb.php/25-ecbf4d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。