Login

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓もし良かったらクリックしてください↓

ワークショップ

きょうはキリスト教のワークショップに参加しました。

キリスト教の人って優しいなぁ。

それだけにキリスト教じゃない自分がワークショップに出て、

キリスト教を拒むのって気が引けるというか、

ワークショップの最後のほうで、キリスト教になる・なりたい人?

に神様にその人たちの今までの罪を許してもらえるよう、

祈っていたけど、

自分はやっぱり、キリスト教になるつもりは全く無く、

ほんのちょっと申し訳ない気持ちになってました。

やっぱ自分は一つの枠にとらわれたくないというか、

よく分からないです。

でもワークショップを主催した人の話で共感を持ったのは、

ホモセクシャルの人たちについてでした。

キリスト教(アメリカの教会?)ではホモセクシャルの人はキリスト教になれない、そういう人はどうすればいいか??と言う質問があって、

それは間違ってる!!!と主催者が言ってました。

もしそんなこと言う教会やキリスト教信者がいたら、

「ぶっ叩くか、無視すればいい」

と言ってました(笑)

キリスト教の人でもそういうことが間違ってると

思っている人がいるんだなぁ

とちょっと安心しました。

じぶんは女の子が大好きですよ(笑)

スポンサーサイト


↓もし良かったらクリックしてください↓

この記事に対するコメント

なるほどねぇ。

二キスケさんのおっしゃることわかります。
キリスト教の人たちは洗礼を受けていると思うのです。
すりこまれている、と書くとよくない表現にきこえますが、良い意味でそうだと思います。
罪を犯した人も改心をすれば受け入れるという姿勢は
とても見習いたいです。
ホモセクシュアルの人は持って生まれた感覚ですから
責められる筋合いはないと考えます。
自分がその立場だったらとしたら、っていつも思うんだなぁ。(笑)

【2006/04/07 08:46】URL | らいと #JnoDGgPo[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nikisuke.blog46.fc2.com/tb.php/87-d222522a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。